キッチンカー開業の手助けになる情報

>

初期費用以外の出費も予算内に

キッチンカー開業を成功させたい

キッチンカーの販売も最近では競争率が高いのではないでしょうか。
その中で、どれほど他のお店に差をつけられるかによって成功例も変わると思います。
似たような商品を出しても、売上は上がりません。
似たような商品を出す場合、味に差をつけたり、食感などで違いを出すことで、
インパクトを与えられるのではないでしょうか。
また、味が良くても見た目が悪くては、お客様も寄り付かないと思います。
その逆もしかりで、すごく見た目が良くて初めてお客様が寄り付いても、
味が不味いと、リピーターのお客様も減ってしまいます。
また、キッチンカーならではの販売員やオーナーとの直接のやり取りでも、
変わってきます。
コンビニやスーパーなどでも感じ悪い店員っていますよね。
リピーターになってもらうためには感じの良い接客も成功例の一つかと言えます。

キッチンカーの失敗例!

固定店舗でもあるように衛生面は大事ですが、キッチンカーでの販売ではお客様との距離も近いため、より気にするお客様が多いかと思います。
店員が汚らしい服や、汚いタオルを使ってるお店で販売したものは口にはしたくありませんよね。
不衛生なキッチンカーでの販売はお客様は寄り付きません。
最近ではインスター映えのする商品やお客様の評価などでもお店の第一印象は左右されてしまうため、第一印象は大事にしましょう。
また、食材にこだわりすぎて、仕入れが追い付かなくなってしまったり、割に合わない商品の仕入れをしてしまったり、キッチンカーなのに高い商品になってしまわないように考慮しなければ意味がありません。
こだわりも大事ですが、妥協できるところでは妥協する事も大事かと思います。



この記事をシェアする
B!