キッチンカーで飲食店の開業をしよう

キッチンカー開業の手助けになる情報

開業には初期費用の準備を

キッチンカーの飲食店を開業する前に、色々リサーチや情報を調べるかと思います。
まず必要なのは、どんな商品を販売したいのかです。
そのため、保健所で取得する許可書も違います。
営業許可書には食品営業自動車、食品移動自動車の許可書があります。
販売したい商品は調理を済ましてから販売するのか、キッチンカーの中で調理
をするのかでも変わるため、あらかじめ計画を立てる事をおススメします。
また、取得するにあたって、自動車の設備の基準を満たしていなければなりません。
飲食店なので、色々検査の証明書も必要です。
食品衛生責任者の手帳や、水質検査証明書など、飲食店のための書類や手続きは
多くて面倒でもありますが、手続きを代行してもらうという手もあります。
気を付けなければいけないのは、取得する保健所の地域、都道府県内にのみ有効のため、許可書をもらうまえに他県や他の地域での出店には気をつけましょう。
それを考えると日本国内全域に幅広く出店も可能になります。
ただ、取得の手続きに必要費用は一万以上もするため、
客層や地域を考慮し出店する事をおススメします。
またいざ販売するとなった時、場所を確保するにも駐車場などありますが、必ず持ち主
の許可を得てからしなければ、後々から問題が色々出てきてしまいます。
宣伝や広告の効果もある、イベントやB1グランプリーや、
会社の行事、祭りなど色々あるかと思います。
他の出店者のお話やコツ、人脈を広げるためには、良い機会になるではないでしょうか。

開業するにあたってまず始める事

キッチンカーは固定店舗に比べはるかに初期費用を抑えられます。 しかし、どんな商品を販売するか、商品にこだわるかにもよっても金額も変わってくるでしょう。 内装や外装などで必要なキッチンカーの初期費用は、 相場としては200万~500万円が相場と言われています。

初期費用以外の出費も予算内に

固定店舗と違い家賃がないと安心な部分はメリットになるかと思います。 ただ、キッチンカー販売ですぐ繁盛する事は難しいのではないでしょうか。 そのため初期費用に予算を使いすぎてしまうと、急な出費などが出てくるかと思います。ガソリン代や駐車場代、遠い地域での出店には高速代も必要な出費です。

人気のない所は避けましょう

人気のない場所や、客層を間違えてしまうと、出店しても失敗してしまいます。 出店場所にはビジネスビルが立ち並ぶ場所、学校帰りの子供たちが通る、駅の近く など色々あるなかで、人気の商品も変わってくるかと思います。 出店する場所はまずリサーチをしておく事をおススメします